東北グランマのXmasオーナメント

 

 

東日本大震災被災地の漁村のお母さんたちの「仕事づくり」と「コミュニティーの再生」を目的に、オーガニックコットン製品の製造過程で出る残布を活用し、お母さんたちにひと針ひと針心を込めた手作りでクリスマスオーナメントつくってもらい支援の輪を広げるプロジェクト。

全国の百貨店から商業施設、外資系企業、海外の学校など多くの方々に賛同いただき、初年度は25,000個を販売。またソチオリンピックではグランマの仕事づくりとして、選手ユニフォームにも協力しました。

 

運営:チームともだち・株式会社アバンティ

経済産業省ソーシャルビジネスケース(震災復興)に選定
 

震災後の石巻北上町十三浜

​東北グランマのみなさん

​パッケージはお客さまの応援したい気持ちに寄り添うように必要最低限質素にデザイン

​東北の玄関口の上野駅ターミナル、全国の百貨店、外資系企業、大使館

​ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(米国)での

クリスマスバザーでの販売・冊子化​ 協力:株式会社モリサワ

​ソチ五輪で使用されたニット帽・スヌード