plaza03w_edited.jpg

グランフロント大阪  ナレッジキャピタル

運営組織:一般社団法人ナレッジキャピタル/株式会社KMO

グランフロント大阪  ナレッジキャピタル 

 

プロデュース室シニアディレクター(2012-2014)

 

ブランディング開発 

コアバリューコンセプト/ メインロゴ/施設ロゴ/シンボルマーク

イベントロゴ/キャラクター/サイネージ/プロモーション映像等

 

クリエイターネットワーク開発

アワード開発

イベント開発

gf1.jpg
cl.jpg
IMG_0364.JPG
IMG_0013.JPG
saion1.jpg
of1.jpg
IMG_0384.JPG
theater1.jpg
nx1.jpg
kcvi1.jpg
kcvi2.jpg
kcvi3.jpg
kcvi4.jpg

「おもしろい」という日本語の誕生は古く、日本に伝存する最古の正史『日本書紀』にも

於母之楼枳(オモシロキ)という言葉の詠まれた歌が収められています。

一説によると目の前がパッと明るくなった 状態を表したことが「面白い=おもしろい」の語源といわれています。

 

「おもしろい」は頭の中の話だけでなく、即座に身体が反応する特別な感覚です。

未知のインパクトに対して、ヒューマンな部分で共鳴し、こころが震える、

人間にとって最も原始的であり根源的な感覚といえるでしょう。

そうした感覚を積み重ねながら私たち人類は、道具やコミュニケーション、

社会を進化させてきたといっても過言ではありません。

「おもしろい」とは、性別も格差も、国籍さえも超え、

歓びや好奇心を加速させる誰もが持つ創造の原動力なのです。

 

今、社会は大きな転換期をむかえ、既存の価値基準ではない新たな視点や物差しが求められていまます。

価値感が複雑に多様化している今こそ、人間の根源的な感覚である「おもしろい」を

新たに“OMOSIROI”として研ぎすまし、人類に共通する価値基準として見直すことが、

次の未来を生み出す大きな力となるに違いありません。

kk.jpg

こたつ会議

こたつは日本人のコミュニケーションの原型であるという仮説の元、クリエイター、研究者、ビジネスマン等の立場の異なる人たちが交わる場としてのプラットフォーム

ok1.jpg
ok2.jpg
cho1.jpg

超学校

学校を超える、自分も超えるをコンセプトに、大学の垣根を超えて、さまざまな分野の研究者と参加者とが一緒に考え対話する、カフェラボで行われるコミュニケーションプログラム。

cp.jpg
c1.png
スクリーンショット 2019-03-03 14.30.48.png
18国立循環器病研究センターdata-01.jpg
スクリーンショット 2019-03-03 14.28.33.png
スクリーンショット 2019-03-03 14.32.19.png
1809みんぱくdata.jpg
kc.jpg
東大空間情報data-01.jpg
18龍谷data.jpg
スクリーンショット 2019-03-03 14.30.23.png
スクリーンショット 2019-03-03 14.29.53.png
ゲノム医療と未来のデザインdata.jpg